ホームへ 問い合わせ サイトポリシー 失敗談を募集しています リンク・相互リンク 管理人の紹介 サイトマップ
ちょいデブ親父の英文法 英文法をわかりやすく解説しています。学校・検定・英会話の英文法はここで解決!

関係代名詞主格

目次

関係代名詞主格の英作文

1.先行詞が人の場合

1 関係代名詞の選別方法

2 2文のくっつけ方

2.先行詞が人以外の場合

1 関係代名詞の選別方法

2 2文のくっつけ方


関係代名詞主格の英作文

関係代名詞が主格の英作文は、

「先行詞+関係代名詞主格+動詞」

の語順になります。それでは、先行詞が人と人以外のそれぞれに分けて見ていきます。

PR.管理人お勧め英語教材

1.先行詞が人の場合

関係代名詞は文をくっつける役目をします。では実際にその流れをみていきます。

「私は少年を知っています。」

+ 「彼はテニス選手です。」

= 「私はテニス選手の少年を知っています。」

このように作ってみます。

1 関係代名詞の選別方法

最初にそれぞれの文を英語に直します。

「私はある少年を知っています。」

→ I know a boy.

「彼はテニス選手です。」

→ He is a tennis player.

ここで関係代名詞の判別が可能になります。代名詞と名詞に注目します。代名詞は He です。またこの He は a boy のことです。そしてこの、

代名詞の指す名詞が先行詞

代名詞の格が関係代名詞の格

になります。ですからここで使う関係代名詞は、

先行詞=a boy=

格=He=主格

となり、先行詞が人の場合の主格なので「who」を使います。(that も可です。詳しくは関係代名詞をご覧下さい。)

関係代名詞の選別方法は理解して頂けましたか?2文で同じ意味の名詞と代名詞を見つけて、

名詞=先行詞

代名詞の格=関係代名詞の格

これで判別できることを覚えて下さい。

↑このページの先頭へ

2 2文のくっつけ方

ここまでの学習で、

  • 1つ目の文は「I know a boy.」
  • 2つ目の文は「He is a tennis player.」
  • これら2文を関係代名詞 who でくっつける

ここまで進みました。ではどうやってくっつけるのか?それは、

  1. 代名詞を関係代名詞に置き換える
  2. 関係代名詞が先行詞の直後に来るように文をはめ込む

この手順で完成できます。では実際にくっつけてみます。

1. 代名詞を関係代名詞に置き換える

I know a boy.

who is a tennis player.

2. 関係代名詞が先行詞の直後に来るように文をはめ込む

I know a boy who is a tennis player.

(私はテニス選手の少年を知っています。)

これで完成です。関係代名詞を先行詞の直後にするのを忘れないで下さい。また、このページの最初にある、

「先行詞+関係代名詞主格+動詞」

( a boy+who+is )

この語順にもなっています。次は先行詞が人以外の例文です。

↑このページの先頭へ

2.先行詞が人以外の場合

1と同じ流れで解説していきます。

「彼女は本を持っています。」

+ 「それは日本歴史の専門書です。」

= 「彼女は日本歴史の専門書を持っています。」

このように作ってみます。

1 関係代名詞の選別方法

最初にそれぞれの文を英語に直します。

「彼女は本を持っています。」

→ She has a book.

「それは日本歴史の専門書です。」

→ It is about Japanese history.

ここで関係代名詞の判別が可能になります。代名詞と名詞に注目します。代名詞は It です。またこの It は a book のことです。そしてこの、

代名詞の指す名詞が先行詞

代名詞の格が関係代名詞の格

になります。ですからここで使う関係代名詞は、

先行詞=a book=人以外

格=It=主格

となり、先行詞が人以外の場合の目的格なので「which」を使います。(that も可です。詳しくは関係代名詞をご覧下さい。)

関係代名詞の選別方法は理解して頂けましたか?2文で同じ意味の名詞と代名詞を見つけて、

名詞=先行詞

代名詞の格=関係代名詞の格

これで判別できることを覚えて下さい。

↑このページの先頭へ

2 2文のくっつけ方

ここまでの学習で、

  • 1つ目の文は「She has a book.」
  • 2つ目の文は「It is about Japanese history.」
  • これら2文を関係代名詞 which でくっつける

ここまで進みました。ではどうやってくっつけるのか?それは、

  1. 代名詞を関係代名詞に置き換える
  2. 関係代名詞が先行詞の直後に来るように文をはめ込む

この手順で完成できます。では実際にくっつけてみます。

1. 代名詞を関係代名詞に置き換える

She has a book.

which is about Japanese history.

2. 関係代名詞が先行詞の直後に来るように文をはめ込む

She has a book which is about Japanese history.

(彼女は日本歴史の専門書を持っています。)

これで完成です。関係代名詞を先行詞の直後にするのを忘れないで下さい。また、このページの最初にある、

「先行詞+関係代名詞主格+動詞」

( a book+which+is )

この語順にもなっています。

関係代名詞は、最初は苦労すると思います。でも練習をつめば必ずできるようになります。諦めないで学習して下さい。

スポンサードリンク

↑このページの先頭へ

メインメニュー
 
ホーム
英文法
例文
口語表現
資格
留学
勉強法
印刷ファイル
 
 
 
携帯電話専用サイトモバイルで英文法もご利用下さい。
携帯用QRコード

スポンサードリンク

ちょいデブ親父の英文法はリンクフリーです。自由にリンクして下さい。
相互リンク依頼は問い合わせからお願いします。
このサイトは Internet Explorer 5.5以上 画面サイズ:1024×768 文字サイズ:中 で最適化されております。
累計:  本日のお客様:  昨日のお客様:  開設日:2006 05/28
ホームへ 問い合わせ サイトポリシー 失敗談を募集しています リンク・相互リンク 管理人の紹介 サイトマップ
ちょいデブ親父の英文法 バナー Copyright (C) All Rights Reserved, ちょいデブ親父の英文法