感嘆文

スポンサードリンク

1.感嘆文の英作文

感嘆文は、「なんて〜なんでしょう」と感情をこめて表現する言い方です

例文:

What a beautiful flower this is!

How beautiful this flower is!

(これはなんて美しい花でしょう。)

上の例文は両方同じ意味です。感嘆文には2つの言い方があるので覚えて下さい。

1 What a ( an )+形容詞+名詞+主語+動詞!

1つめは What で始まる言い方で、名詞を強めます。最後の感嘆符(!)も忘れないようにして下さい。

例文:

What a smart boy he is!

(彼はなんて賢い少年でしょう。)

語順さえ覚えれば簡単だと思います。また、名詞が複数形なら冠詞はいりません。

例文:

What expensive books he has!

(彼はなんて高価な本を持っているのでしょう。)

2 How+形容詞(副詞)+主語+動詞!

2つめは How で始まる言い方です。形容詞や副詞>を強めます。これにも感嘆符は必要です。

例文:

How short this pencil is!

(この鉛筆はなんて短いのでしょう。)

5cmくらいの鉛筆を巧みに使っている人がいます。あれには感心させられます。

How の表現も、語順をしっかり覚えればそれほど難しくはないと思います。

2.感嘆文の応用

1 主語+動詞の省略

感嘆文では、主語と動詞を省略することがあります。

○ What a ( an ) +形容詞!

例文:

What a high building!

(なんて高いビルでしょう。)

○ How+形容詞(副詞)!

例文:

How nice!

(なんてすてきでしょう。)

2 疑問文との区別

What, How で始まる疑問文と感嘆文を区別しなければなりません。しかし、符号に注意すれば難しくありません。

○ 感嘆文…感嘆符で終わる

例文:

What a nice bag you have !

(あたなはなんてすてきなカバンを持っているのでしょう。)

How fast he can run!

(彼はなんて速く走れるのでしょう。)

○ 疑問文…疑問符で終わる

例文:

What book is that?

(あれは何の本ですか。)

How tall is she?

(彼女の身長はいくつですか。)

感嘆文は、どちらかというと女性がよく使います。また、一番簡単に強調を表現したければ、強調したい語を強く発音すればOKです。

スポンサードリンク