未来形まとめ

スポンサードリンク

1.未来形で使う4つの形

1 will

  • 今思いついた未来のこと
  • 未来の断言

2 be going to

  • 予定していること
  • 現状から判断して予測できること
  • まだやり遂げていないこと(過去形の場合)

3 現在進行形

  • 準備万全の予定

4 現在形

  • 社会一般に通用する予定

2.例文比較

1 will と be going to

I will go to the park.

(公園に行きます。)

※今思いついたこと

I am going to go to the park.

(公園に行きます。)

※元々行く予定

2 will と 現在進行形

I will go to the park.

(公園に行きます。)

※今思いついたこと

I am going to the park.

(公園に行きます。)

※すでに準備が整った予定

3 will と 現在形

I will go to the park.

(公園に行きます。)

※今思いついたこと

I go to the park.

(公園に行きます。)

※繰り返し行っている予定

4 be going to と 現在進行形

I am going to go to the park.

(公園に行きます。)

※元々行く予定

I am going to the park.

(公園に行きます。)

※すでに準備が整った予定

5 be going to と 現在形

I am going to go to the park.

(公園に行きます。)

※元々行く予定

I go to the park.

(公園に行きます。)

※繰り返し行っている予定

6 現在進行形 と 現在形

I am going to the park.

(公園に行きます。)

※すでに準備が整った予定

I go to the park.

(公園に行きます。)

※繰り返し行っている予定

参考・引用・転載書籍

このページの作成にあたり、

「ここがおかしい日本人の英文法」1999

著者 T.D. ミントン

訳者 安武内ひろし

発行者 荒木邦起

印刷所 研究社印刷株式会社

から引用・転載させて頂きました。

スポンサードリンク