must

スポンサードリンク

1.must とは?

must とは助動詞で「〜しなければならない」の意味です。この意味で使われる場合は must を have to に書き換えることができます。また、「〜にちがいない」の意味もあります。

2.must の英作文

1 肯定文

主語+ must +述語(動詞の原形)+〜.

まずは「〜しなければならない」の意味の例文を紹介します。

例文: 私は英語を話さなければならない。

⇒ まずは単語に

私は  英語を   話さ なければならない。

( I )  ( English )  ( speak )  ( must ) .

⇒ これを 主語+ must +述語+〜. に並べると、

I must speak English.(完成)

主語が3人称単数でも must +動詞の原形です。

例文: 彼女はバレーボールを練習しなければならない。

⇒ まずは単語に

彼女は バレーボールを

( She )  ( volleyball )

練習し なければならない。

( practice )  ( must ) .

⇒ これを 主語+ must +述語+〜. に並べると、

She must practice volleyball.(完成)

では、次は「〜にちがいない」の意味で英作します。

例文: 私は病気にちがいない。

⇒ まずは単語に

私は 病気に ちがいない。

( I )  ( sick ) ( must be ) .

⇒ これを 主語+ must +述語+〜. に並べると、

I must be sick.(完成)

これでOKです。「〜しなければならない」「〜にちがいない」のどちらの意味で使う場合も、must の位置や英作文の作り方は同じです。

2 否定文

主語+ must not +述語(動詞の原形)+ 〜.

must の直後に not を置くだけです。まずは「〜しなければならない」の意味の否定文を紹介します。

must not の意味は「〜してはいけない」となり強い禁止を表します。これは命令文と同じ意味になります。ちなみに、must not の短縮形はありません。

例文: 君はテレビゲームをしてはいけません。

私もよく言われました…

⇒ まずは単語に

君は  テレビゲームを しては いけません。

( You )( video games ) ( play ) ( must not ).

⇒ これを 主語+ must not +述語+〜. に並べると、

You must not play video games.(完成)

( = Don’t play video games. )

このようになります。

なお「〜にちがいない」の意味で使う場合は、同じ意味をもつ can not をよく使います。詳しくは can のページをご覧下さい。

3 疑問文

Must +主語+述語(動詞の原形)+ 〜 ?

Must を文頭に持っていくだけで疑問文が完成します。「〜にちがいない」の意味での疑問文はあまり使いませんので省略します。

例文:

I must get up at five tomorrow morning.

(私は明日5時に起きなければなりません。)

この文を疑問文にします。must を文頭に持っていくだけです。

⇒ Must I get up at five tomorrow morning?

(私は明日5時に起きなければなりませんか。)

次は答え方です。

「はい」の場合

Yes, +主語+ must.

「いいえ」の場合

No, +主語+ don’t have to.

ここで注意しなければならないのは、「いいえ」の場合の答え方です。

「〜しなければなりませんか」の「いいえ」の返事なので、「いいえ、する必要はありません」と答えるべきです。

もしここで、

No, you must not.

(いいえ、あなたは起きてはいけません。)

このように答えてしまうと、へんてこになってしまいます。ですから no の場合は、don’t have to を使って答えるようにして下さい。では上の例文の疑問文に答えてみます。

答え方:

Yes, you must.

(はい、起きなければなりません。)

No, you don’t have to.

(いいえ、起きる必要はありません。)

このように答えて下さい。

must はよく出題されます。特にこの don’t have to で答えるパターンの問題が多いです。試験ではひっかからないようにして下さい。

スポンサードリンク

3.must の書き換え

must = have to

must は have toに書き換えることができます。この have は一般動詞なので、疑問文にする場合は do を使って英作すればOKです。

例文:

He must drive a car.

= He has to drive a car.

(彼は車を運転しなければなりません。)

Must he drive a car?

Does he have to drive a car?

(彼は車を運転しなければなりませんか。)

また can でも触れていますが、「助動詞+助動詞」を避ける場合も have to は有効的です。

例文:

○ You will have to study hard.

× You will must study hard.

(あなたは一生懸命勉強しなければならなくなるでしょう。)

この書き換えの注意点は、否定文は have to の文に書き換えられないことです。なぜなら、2.3の解説にもありますが、

must not = 〜してはいけない

don’t have to = 〜する必要はない

このように意味が違うからです。例文を紹介します。

例文:

They must not go out.

(彼らは外出してはならない。)

≠ They don’t have to go out.

(彼らは外出する必要はない。)

must not と don’t have to の違いを理解して下さい。

スポンサードリンク