Whoの文

スポンサードリンク

1.whoとは?

who とは、「だれ」を表す単語です。他の疑問詞と同様、be動詞一般動詞と一緒に使われます。

2.whoの英作文

1 Who +be動詞+名詞(代名詞)?

意味:「〜はだれですか。」

疑問詞を含む疑問文なので、下げ調子で読むことに注意して下さい。

では、when を使った英文の解説をします。作り方は単純で、「Who +be動詞+名詞(代名詞)?」の形にすればOKです

例文:

Who is he?

(彼はだれですか。)

Who is she?

(彼女はだれですか。)

Who is that boy?

(あの少年はだれですか。)

Who is this woman?

(こちらの女性はだれですか。)

Who are they?

(彼らはだれですか。)

では、答え方です。

代名詞+be動詞+〜.

「だれか」を聞かれていますので、「だれなのか」を答えればOKです。

例文:

[疑問文]

Who is he?

(彼はだれですか。)

[答え]

He is Mike.

(彼はマイクです。)

[疑問文]

Who is she?

(彼女はだれですか。)

[答え]

She is my sister.

(彼女は私の姉です。)

[疑問文]

Who is that boy?

(あの少年はだれですか。)

[答え]

He is my son.

(彼は私の息子です。)

[疑問文]

Who is this woman?

(こちらの女性はだれですか。)

[答え]

She is my teacher.

(彼女は私の先生です。)

[疑問文]

Who are they?

(彼らはだれですか。)

[答え]

They are member of a tennis team.

(彼らはテニスチームのメンバーです。)

2 Who +be動詞の疑問文

意味:「〜しているのはだれですか。」

疑問詞を含む疑問文なので、下げ調子で読むことに注意して下さい。

では、who を使った英文の解説をします。この形で使われるのは、ほとんどの場合進行形の文です。進行形の文から展開させて、最終的に who の疑問文にします。この流れの中で who の感覚をつかんで下さい。

例文:

Mike is playing baseball.

(マイクが野球をしています。)

まずはこの文を疑問文にします。be動詞の文なので、be動詞を文頭に持っていきます。

⇒ 疑問文に

Is Mike playing baseball?

(マイクが野球をしていますか。)

そして次はこのような変化をさせます。

マイクが野球をしていますか。」

→ 「だれが野球をしていますか。」

「マイクが→だれが」に変化しています。英語でも同様の変化をするので、「Mike → who」にします。

⇒ Mike → who に

Is who playing baseball?

最後に、疑問詞を文頭に持っていって完成です。

⇒ who を文頭に

Who is playing baseball?(完成)

(だれが野球をしていますか。)

最終的に「Who+疑問文」の形に持っていけば疑問文が完成します。わからない時は、日本語でじっくりと考えてみて下さい。では、答え方です。

主語+be動詞(+〜).

答え方は、主語と be動詞だけで構いません

例文:

[疑問文]

Who is playing baseball?

(だれが野球をしていますか。)

[答え]

Mike is.

マイクです。)

これだけでOKです。「Mike is playing baseball.」としても間違いではありませんが、「野球をしている」のはわかりきっていますし、この場合「だれなのか」が重要なので、「playing baseball」は特に記す必要はありません。

3 Who +一般動詞+〜?

意味:「だれが〜しますか。」

疑問詞を含む疑問文なので、下げ調子で読むことに注意して下さい。

では、who を使った英文の解説をします。ここでも、一般動詞の疑問文を作ってから、who の疑問文に発展させて説明したいと思います。この流れの中で who の感覚をつかんで下さい。

例文:

You buy a new bike.

(あなたが新しい自転車を買います。)

まずはこの文を疑問文にします。一般動詞の文なので、Do を文頭に持っていきます。

⇒ 疑問文に

Do you buy a new bike?

(あなたが新しい自転車を買いますか。)

そして次はこのような変化をさせます。

あなたが新しい自転車を買いますか。」

→ 「だれが新しい自転車を買いますか。」

「あなたが→だれが」に変化しています。英語でも同様の変化をするので、「you → who」にします。

⇒ you → who に

Do who buy a new bike?

そして疑問詞を文頭に持っていきます。

⇒ who を文頭に

Who do buy a new bike?

他の疑問詞はここで完成していましたが、この疑問文はまだ終わりません。実は、「Who +一般動詞+〜?」の形は do が必要ありません。

⇒ do を省く

Who buy a new bike?

さらに、「だれが新しい自転車を買いますか。」の文をみればわかる通り、この文の主語は「だれが」です。すなわち「who」が主語になります。「who」が主語のときは3人称単数扱いになりますので、動詞を変化させなければなりません

⇒ 3人称単数の s をつける

Who buys a new bike?(完成)

(だれが新しい自転車を買いますか。)

これで完成です。他の疑問詞の疑問文と多少異なる点がありますが、しっかりと暗記して下さい。では、答え方です。

主語+do ( does , did ).

答え方は、「主語+do ( does , did ).」で構いません。この do ( does , did ) は、同じ動詞の繰り返しを避けるための代動詞です。同じ名詞の繰り返しを避けるために使う代名詞の one と同じ感覚です。

例文:

[疑問文]

Who buys a new bike?

(だれが新しい自転車を買いますか。)

[答え]

You do.

(あなたが新しい自転車を買います。)

では最後に、答えが3人称の場合と過去形の例文を紹介します。学習の参考にして下さい。

例文:

[疑問文]

Who goes to the park?

(誰が公園に行きますか。)

[3人称の答え]

She does.

(彼女が行きます。)

[疑問文]

Who won the game?

(誰が試合に勝ちましたか。)

[過去形の答え]

Mr. Nakamura did.

(ナカムラさんが勝ちました。)

スポンサードリンク