保育英語検定とは

みなさん、「保育英語検定」という検定試験を聞いたことがありますか?

「英語が趣味だ!」と豪語しておきながら、
先日、初めてその存在を知ったわたくしであります(苦笑)

そこで、早速ネットで調べてみたところ、
・一般社団法人 保育英語検定が実施
・2011年からの試験らしい
・1〜6級まで、合計6つのレベル
・保育園の子ども相手の英語、に特化しているらしい
という検定試験みたいです。

気になる具体的な試験内容は、
「公開してはいけません!」ということらしく、
例えば過去問などをネット上で見つけることは出来ませんでした。

個人的には、
保育の英語なので、例えば「幼児語」や「その成長過程で必須となる専門用語」など、
これらを踏まえた対策が必要かな?と思いました。

また、両親が外国人の場合も当然あります。
・育児相談をしたり、
・保育園での様子の説明したり、
・日誌のようなものに献立や一言メッセージを書いたり、
などなど、お父さん・お母さんとのコミュニケーションも必要なので、
いわゆる『英語検定』とはちょっと毛色が異なり、けっこう難しいのかなぁ、という印象です。

保育英語検定の活かし方

まずは「現場での経験値」がモノを言う印象があるので、
この資格を最大限に活かすには、
「保育士」とのダブルライセンスが必須かなぁ、という気がします。

となると、キャリア的には
「保育士取得」→「保育英語検定取得」
という順番がいいのかな。。。

試しに、3つの転職サイトで「保育英語」のキーワードを検索したところ、
・エン転職 → ヒット0件
・マイナビ転職 → ヒット0件
・リクナビネクスト → ヒット2件(英語施設のバイリンガルスタッフ、インターナショナルスクールの園長さん)
という結果でした。

ほとんどヒットしなかったこれらの結果ですが、
まだまだ検定試験そのものの歴史が浅く、その認知度も低いと思いますので、
いまのところはしょうがないのかなぁ、というところです。

ちなみに、「保育士」のキーワードで同様に検索したところ、
・エン転職 → ヒット50件
・マイナビ転職 → ヒット143件
・リクナビネクスト → ヒット84件
上記の保育英語と比較すると、当然ですがヒットの数字が全然違いますね。
企業側からすると、
「保育士さん来てください!(英語が出来れば尚可)」
まだまだこんな感覚なのかもしれません。

将来の可能性を幅広く見積もる、いう意味では、
保育英検のみにお金と時間を集中投資するのではなく、
まずは「英語」の土台を築いて
「保育士」+「いわゆる英語検定2級あたり?」を目指して、
英語の下地ができたあとに「保育英検」を取得するのが得策だと思います。