早寝早起き?

本日、日経電子版を読んでいると、こんな記事を見つけました。
入試1カ月前からは朝型学習に ダイエットは禁物
※NIKKEI STYLE のページにジャンプします

受験が近づくと、受験生からこの手の質問をよく受けます。
実はこの話題、保護者から聞かれるほうが多かったりもします。
「先生、どう過ごすのがいいですかねぇ?普段通りで良いですよね?」
という感じで(笑)

体質や性格が異なるので一概には言えませんが、
わたしがいつも「全員に共通してこれはやったほうが良いよ!」と伝えているものを共有したいと思います。

インフルエンザの予防接種

はい、まずはこれですインフルエンザ対策。
みなさんの回りにもいませんか?
受験前にインフルエンザにかかってしまって、思い通りの結果にならなかった人。
もしくは、学校の定期テストをインフルエンザで欠席して、別日に別室で受けている同級生。

まぁ、定期テストだったらまだ良いです。
学校が実施するものなので、再受験などある程度融通がききます。

でも、受験となると、個別対応がなかなか難しいし、
もし第一志望の受験直前でインフルエンザにかかってしまうと、
すっごい焦って、精神的にパニクってしまって、
他の受験にも悪影響を及ぼす可能性があります。

ということで、インフルエンザの予防接種は必ず受けましょう。
なんか、今年はワクチンが不足しているってニュースで言っていました。
受験生の方は、特に意識して受けてくださいね。

歯の治療

次にこれ、歯の治療。

想像してみてください。
第一志望でしかも一番の得意科目のテスト中に虫歯が痛みだした場合を。
思うのですが、歯の痛さって尋常ではなくないですか?
力を発揮するのは、ほぼ不可能です。

しかも歯痛って、「とりあえず」の対策が難しい。
腹痛だったら、試験中に手を挙げて「お腹が死ぬほど痛いです。。。」と言って、
トイレに行けばある程度治まるし心も落ち着きます。

でも歯痛って、試験中に「歯が死ぬほど痛いです。。。」と言っても、
残念ながら、試験監督もなかなか手の施しようがないのですよね。。。。
なので、とりあえず試験中は我慢して、休憩時間に医務室に行く、みたいになります。

でも、医務室で薬を詰めたり応急処置をしても、
すぐには改善しないし、気持ちも焦ります。

何より、自分が歯痛で苦しんでいる状況を横目で見て、
「しめしめ」と思っているだろうライバルが居ると思うと悔しいじゃないですか(笑)

ということで、歯のメンテナンスは普段から意識して行いましょう。
受験生は歯が命

個人的な事情で当日に対策が必要なもの

次は、みなさんの個人的な事情です。

例えば、
・手のひらにすごく汗をかいてしまう人
・すぐにお腹をくだしてしまう人
・頭痛持ちの人
・暑がり、寒がりの人
・方向音痴な人
・人混みが苦手な人

などなど、様々な事情があります。

これに関しては、保護者、場合によってはお医者さんと相談し、
自分でしっかりと対策をするしかないです。

実は悩んでいます、という人が意外と多いのが、
「シーンとなると、お腹が『ぐぅぅ〜〜きゅるる』って鳴って恥ずかしいです。。。」
という人。

ただ、安心してください。
実はこれ、本当に多くの人が思ってたりしますし、
みんな試験に集中して、気にしていません。

それでも気になる人は、
腹巻きがオススメです。
あったかいし、お腹の音を小さくしてくれますよ(まぁ、大きさにもよりますが、、、)

頑張れ受験生

ということで、受験前日までの過ごし方についてお伝えしました。
これらの共通点は、

「受験で100%実力を発揮するための対策」

となります。

力を発揮して、合格を掴んでください。
応援しています。