外部試験として認められた検定試験一覧

3月26日に、独立行政法人大学入試センターより発表があり、
今回、認められたのは次の試験です。

・ケンブリッジ英語検定
・TOEFL iBTテスト
・International English Language Testing System(IELTS) (対象:「アカデミック・モジュール」)※条件付き
・TOEIC® Listening & Reading Testおよび TOEIC® Speaking & Writing Tests
・GTEC
・Test of English for Academic Purposes(TEAP)
・Test of English for Academic Purposes Computer Based Test(TEAP CBT)
・実用英語技能検定(英検)※

「大学入試英語成績提供システム」の参加要件確認結果について
※独立行政法人大学入試センターのWEBページにジャンプします

英語学習者なら誰もが知っているような、いわゆる知名度のある検定試験が採用されたイメージです。
現行の英検については、一次試験合格者のみが二次試験を受けられるシステムが、採用方針に合致しないとのことで、
【新方式での英検】が採用された形になります。

多くのメディアが『英検が落ちた!』みたいに書いていましたが、
個人的には、それほど影響はないのかな、と思います。