ホームへ 問い合わせ サイトポリシー 失敗談を募集しています リンク・相互リンク 管理人の紹介 サイトマップ
ちょいデブ親父の英文法 英文法をわかりやすく解説しています。学校・検定・英会話の英文法はここで解決!

謝る

目次

1.I'm sorry ( that ) 〜.

2.I'm sorry to 〜.

3.I'm sorry for 〜.


1.I'm sorry ( that ) 〜.

意味:「〜してすみません。」

that節の後には主語(S)+動詞(V)が続きます。ただし、that は省略されることがほとんどです。

A: I'm sorry I'm late.

B: That's all right.

A: 遅れてすみません。

B: いいですよ。

That's all right.

意味:「いいですよ。」

謝った相手への決まり文句です。

↑このページの先頭へ

2.I'm sorry to 〜.

意味:「〜してすみません。」

近い未来と近い過去の出来事に対して謝罪する場合に to を使います。

A: I'm sorry to have kept you waiting.

B: That's all right.

A: お待たせしてごめんなさい。

B: いいですよ。

I'm sorry to 〜. を使う表現に、次のものもあります。

  • I'm sorry to bother you, but 〜.
    (恐れ入りますが、〜。)

↑このページの先頭へ

3.I'm sorry for 〜.

意味:「〜してすみません。」

過去の出来事に対して謝罪する場合に for を使います。

A: I'm sorry for losing your books.

B: That's all right.

A: あなたの本をなくしてごめんなさい。

B: いいですよ。

スポンサードリンク

↑このページの先頭へ

メインメニュー
 
ホーム
英文法
例文
口語表現
資格
留学
勉強法
印刷ファイル
 
 
 
携帯電話専用サイトモバイルで英文法もご利用下さい。
携帯用QRコード

スポンサードリンク

ちょいデブ親父の英文法はリンクフリーです。自由にリンクして下さい。
相互リンク依頼は問い合わせからお願いします。
このサイトは Internet Explorer 5.5以上 画面サイズ:1024×768 文字サイズ:中 で最適化されております。
累計:  本日のお客様:  昨日のお客様:  開設日:2006 05/28
ホームへ 問い合わせ サイトポリシー 失敗談を募集しています リンク・相互リンク 管理人の紹介 サイトマップ
ちょいデブ親父の英文法 バナー Copyright (C) All Rights Reserved, ちょいデブ親父の英文法