ホームへ 問い合わせ サイトポリシー 失敗談を募集しています リンク・相互リンク 管理人の紹介 サイトマップ
ちょいデブ親父の英文法 英文法をわかりやすく解説しています。学校・検定・英会話の英文法はここで解決!

紹介する

目次

1.自己紹介

2.知人を紹介


1.自己紹介

A: My name is Toru Suzuki.

A: Please call me Toru.

A: I'm from Tokyo.

A: I play video games in my free time.

A: 私の名前は鈴木徹です。

A: 徹と呼んで下さい。

A: 東京出身です。

A: 趣味はテレビゲームです。

My name is 〜.

意味:「私の名前は〜です。」

自分の名前を言うときにつかいます。I'm〜. でもOKです。

Please call me 〜.

意味:「〜と呼んで下さい。」

自分をどのように呼んで欲しいのかを伝えます。〜の部分には名前、愛称、あだ名などが入ります。

I'm from 〜.

意味:「私は〜出身です。」

自分の出身を言うときにつかいます。〜の部分には国、具体的な地域などが入ります。

I play 〜 in my free time.

意味:「私の趣味は〜です。」

自分の趣味を言うときにつかいます。My hobby is〜. でも通じます。

↑このページの先頭へ

2.知人を紹介

A: Let me introduce my friend, Yoko.

A: Yoko, this is Mike. He is my classmate.

A: Mike, this is Yoko. She is my friend in Japan.

A: Nice to meet you, Mike. I'm Yoko Matsui.

A: Nice to meet you, too. I'm Mike Wilson.

A: 友達を紹介するわ、陽子。

A: 陽子、こちらはマイク。彼は私のクラスメイトなの。

A: マイク、こちらは陽子。彼女は私の日本での友達よ。

A: はじめまして、マイク。私は松井陽子です。

A: はじめまして。僕はウィルソンマイクです。

Let me introduce 〜.

意味:「〜を紹介します。」

友人・知人を紹介するときに使う表現です。

This is 〜.

意味:「こちらは〜です。」

友人・知人を紹介するときに使う表現です。

スポンサードリンク

↑このページの先頭へ

メインメニュー
 
ホーム
英文法
例文
口語表現
資格
留学
勉強法
印刷ファイル
 
 
 
携帯電話専用サイトモバイルで英文法もご利用下さい。
携帯用QRコード

スポンサードリンク

ちょいデブ親父の英文法はリンクフリーです。自由にリンクして下さい。
相互リンク依頼は問い合わせからお願いします。
このサイトは Internet Explorer 5.5以上 画面サイズ:1024×768 文字サイズ:中 で最適化されております。
累計:  本日のお客様:  昨日のお客様:  開設日:2006 05/28
ホームへ 問い合わせ サイトポリシー 失敗談を募集しています リンク・相互リンク 管理人の紹介 サイトマップ
ちょいデブ親父の英文法 バナー Copyright (C) All Rights Reserved, ちょいデブ親父の英文法