TEAPの詳細

TEAP(ティープ)とは?

TEAP(ティープ)とは、主に高校生を対象に、大学入試を想定して開発されたテストです。「Test of English for Academic Purposes」の頭文字を取って「TEAP」と略されています。
「上智大学」と「公益財団法人 日本英語検定協会」が共同で開発しており、レベル感としてはざっくり「英検準2級〜準1級程度」です。

受験方法は大きく2つです。1つは「TEAP」で問題用紙を見ながら解答する通常の方法( PBT:Paper Based Testing)です。もう1つは「TAP CBT(Computer Based Testing)」でPC画面で受験する方法です。それぞれ、開催日時や場所が異なるのでご注意ください。

試験内容は、大きく「読む」「聞く」「書く」「話す」の4つです。「読む」と「聞く」は択一選択方式なので、特に準備をしなくてもこれまでの人生で慣れている形式だと思います。例えば、定期テストや模擬試験などです。
一方で「書く」と「話す」は、日常生活の中で経験できる場面はほとんど無いのではないでしょうか?そうなると、意識して練習できる時間を作ったほうが良いかなぁと思います。学校の先生に頼るのもよし、予備校の先生に頼るのもよし、無料の動画などで学ぶものよし、自分にあった方法で対策してくださいね。

あと、CBTで受験する場合、「書く」の回答はキーボードでタイピングをしなければなりません。もしCBTでの受験を検討している人は、普段からタイピングに慣れていたほうが良さそうです。

試験概要

TEAP

各項目100点で、合計400点満点
・Reading test:マークシートによる択一選択方式(時間:70分)
・Listening test:マークシートによる択一選択方式(時間:約50分)
・Writing test:解答用紙への記入(時間:70分)
・Speaking test:1対1の面接方式(時間:約10分)

TEAP CBT

各項目200点で、合計800点満点
・Reading test:コンピュータによる択一選択方式(時間:約65分)
・Listening test:コンピュータによる択一選択方式(時間:約35分)
・Writing test:コンピュータの解答エリアへのタイピング(時間:約45)
・Speaking test:録音方式(時間:約25分)

試験日

原則、TEAPとTEAP CBTがそれぞれ年に3回実施です。毎年、6月以降の重複しない月の日曜日に隔月開催されています。直前に思い立ってチャレンジするのではなく、年間のスケジュールを立てて戦略を持って受験することをオススメします。
具体的には、毎年こんな開催イメージです。
・TEAP 6月・8月・10月実施
・TEAP CBT 7月・9月・11月実施

試験会場

それぞれ、申込時に希望受験会場を選択します。
・TEAP 全国26都道府県
・TEAP CBT 全国13都道府県

受験パターンと受験料

TEAPは2種類、TEAP CBTは1種類です。
・TEAP 4技能(読む・聞く・書く・話す)受験パターン 15,000円(税込)
・TEAP 2技能(読む・聞く)受験パターン 6,000円(税込)
→志望大学の要件に応じて選択してください
・TEAP CBT 4技能(読む・聞く・書く・話す)受験パターン 15,000円(税込)

試験時間

それぞれ時間が異なります。※下記は2022年の実施時間です。今後、変更の可能性がありますので、受験をする際は必ず受験票等でご確認ください。

TEAP

集合時間:9時10分
・Reading test:9時40分〜10時50分
・Listening test:10時52分〜11時42分
午後集合時間:12時20分
・Writing test:12時50分〜14時00分
・Speaking test:14時20分〜17時15分※実際の時間は10分

TEAP CBT

受付時間:9時10分〜9時40分
・Reading test:10時00分〜11時05分
・Listening test:11時05分〜11時40分
休憩:約5分
・Writing test:11時55分〜12時40分
・Speaking test:13時00分〜13時25分

受験資格

高校1年生以上
※受験年度で高校1年生となる生年月日以前の生まれであること
例: 2023年度に受験する場合
2008年4月1日以前の生まれであること。

スコアの有効期限

TEAP、TEAP CBT共にスコア取得後2年度の間有効
→ 要するに、受験してから2年間使えるイメージ
例: 2023年6月〜11月に受験した場合 → 2025年3月までに実施される大学入試に有効

申込み方法

すべてネットでの申込みです。最初に「TEAP ID」を取得し、その後で受験形式や場所等を選択していきます。
詳細は、TEAPのwebページでご確認ください。

問合せ先

公益財団法人日本英語検定協会
https://www.eiken.or.jp/teap/

似たような英語の資格・検定試験

一般向け資格一覧
実用英語技能検定試験(英検)
TOEIC
国連英検
ケンブリッジ英語検定
全商英語検定

【参考】英語 資格試験・検定試験 レベル比較表

CEFR

TOEIC

Listening & Reading

スコア

TOEIC

Speaking & Writing

スコア

実用英語技能検定

TOEFL

iBT

IELTS ケンブリッジ英語検定
  Listening Reading Speaking Writing        
C2 8.5-9.0 C2 Proficiency
C1 490〜 455〜 180〜 180〜 1級 95-120 7.0-8.0 C1 Advanced
B2 400〜 385〜 160〜 150〜 準1級 72-94 5.5-6.5 B2 First
B1 275〜 275〜 120〜 120〜 2級 42-71 4.0-5.0 B1 Preliminary
A2 110〜 115〜 90〜 70〜 準2級 A2 Key
A1 60〜 60〜 50〜 30〜 3-5級 A2 Flyers
※下記を元に管理人が作成しました。
文部科学省:各資格・検定試験とCEFRとの対照表(平成30年3月)
日本英語検定協会:英検とCEFRとの関連性について研究プロジェクト報告
ETS TOEIC:TOEIC® Program各テストスコアとCEFRとの対照表