原形不定詞

スポンサードリンク

1.原型不定詞とは

不定詞は、通常「to +動詞の原形」の形をとりますが、to がない場合があります。この to のない不定詞を原形不定詞といいます。

原形不定詞をとる形は次の3つです。

  1. 助動詞+原形不定詞
  2. 知覚動詞+目的語+原形不定詞
  3. 使役動詞+目的語+原形不定詞

では、それぞれみていきます。

2.原形不定詞の英作文

1 助動詞+原形不定詞

will, can などの助動詞の直後では、原形不定詞になります。ただこれは、みなさん「助動詞+動詞の原形」の形で学習していると思いますので、それほど気にしなくてもOKです。

助動詞をまだ習っていない方は、原型不定詞よりもまず助動詞を学習することをお薦めします。

2 知覚動詞+目的語+原形不定詞

知覚動詞とは、目や耳などの感覚から情報を得る動詞です。例えば、

  • hear(聞く)
  • see(見る)
  • watch(見る) 等

のことです。では例文です。

「私は彼が逃走するのを見ました。」

という文。ここで注目して欲しいことは、see をいう動詞を使うことです。この動詞は知覚動詞なので原形不定詞をとります。従って、

⇒ I saw him run away.

これが正解です。下のように、 to をつけないで下さい。

⇒× I saw him to run away.

ただ、知覚動詞が受け身の文になるとto が必要です。

⇒ He was seen to run away by me.

(彼は私に逃げるのを見られました。)

また、原形不定詞を現在分詞にしてもOKです

I saw him run away.

= I saw him running away.

少しややこしいかもしれませんが、知覚動詞は原型不定詞でも現在分詞でもどちらでもOKです。ただし、受身になると to が必要であることを覚えて下さい。

例文:

[原型不定詞]

We heard a baby cry.

(私たちは赤ちゃんが泣いているのを聞きました。)

[現在分詞]

We heard a baby crying.

(私たちは赤ちゃんが泣いているのを聞きました。)

[受け身]

A baby was heard to cry by us.

(赤ちゃんは泣いているのを私たちに聞かれました。)

[原型不定詞]

I watched them play soccer.

(私は彼らがサッカーをしているのを見ました。)

[現在分詞]

I watched them playing soccer.

(私は彼らがサッカーをしているのを見ました。)

[受け身]

They was watched to play soccer by me.

(彼らは私にサッカーをしているのを見られました。)

3 使役動詞+目的語+原形不定詞

使役動詞とは「〜させる」を意味する動詞です。例えば、make, have, let 等です。これらはすべて「〜させる」の意味ですが、厳密には次の様に使い分けされます。

  • make … (強制的に)〜させる
  • have … (一般的に)〜させる
  • let … (許可して)〜させる

文脈を把握して、正しい使役動詞を使えるようにして下さい。では例文です。

「私は彼女を家に帰らせました。」

という文。この文を make を使って英作します。make は使役動詞なので原形不定詞をとります。従って、

⇒ I made her go home.

これが正解です。下のように、 to をつけないで下さい。

⇒× I made her to go home.

以上が使役動詞の基本的な形ですが、使役動詞によっては様々なルールがありますので、次で説明します。

4 make について

受け身にすると to が必要

例文:

[原型不定詞]

I made her go home.

(私は彼女を家に帰した。)

[受け身]

She was made to go home by me.

(彼女は私に家に帰らされた。)

原形不定詞ではなく状態を表す語がくることもある

例文:

He made me happy.

(彼は私を幸せにしてくれました。)

5 have について

受け身にできない

例文:

[原型不定詞]

I had a dentist my tooth treat.

(私は歯医者さんに歯を治療してもらった。)

×[受け身]

×My tooth was had to treated by a dentist.

×(私の歯は歯医者さんに治療された。)

「have+目的語+過去分詞」で「〜してもらう」「〜される」の意味になる

例文:

I had my car repaired.

(私は車を修理してもらいました。)

He had his brother solved the question.

(彼はお兄さんに問題を解いてもらいました。)

I had my wallet stolen.

(私は財布を盗まれました。)

6 get について

get+目的語(人)+to+原形不定詞

通常、get は「〜を得る」や「〜になる」の意味で使われますが、get にも使役の意味があります。そして、その使役の「〜させる」で使う場合は to が必要です。

例文:

I get my sister to clean my room.

(私は妹に自分の部屋を掃除させます。)

ひどいお兄ちゃんですね。

get+目的語(物)+過去分詞

have と同じように、「〜してもらう」「〜させる」の意味もあります。その場合は、have と形が同じです。

例文:

I get my room cleaned by my sister.

(私は妹に自分の部屋を掃除してもらいました。)

お兄ちゃんに少し心の変化があったようです。

7 help について

help+目的語+(to)+不定詞

help にも使役の意味があります。その場合は to があっても原型不定詞でも構いません。

例文:

[原型不定詞]

I helped my sister clean her room.

(私は妹が部屋の掃除をするのを手伝いました。)

[to 不定詞]

I helped my sister to clean her room.

(私は妹が部屋の掃除をするのを手伝いました。)

どうやらお兄ちゃんは心を入れ替えたようです。

スポンサードリンク