ホームへ 問い合わせ サイトポリシー 失敗談を募集しています リンク・相互リンク 管理人の紹介 サイトマップ
ちょいデブ親父の英文法 英文法をわかりやすく解説しています。学校・検定・英会話の英文法はここで解決!

関係代名詞

目次

1.関係代名詞の働き

2.関係代名詞の格

3.先行詞

4.関係代名詞の種類


1.関係代名詞の働き

関係代名詞自体に意味はありません。関係代名詞は、2つの文をくっつける働きをします。例えば、

「私は本を持っています。」

「その本は日本の文化についての本です。」

この2つの文、おかしい所は全然ありません。でも皆さんなら、無意識に次のように言いませんか?

「私は日本の文化についての本を持っています。」

わざわざ2文にしなくても、1文で表せます。このような場合に使うのが、関係代名詞なのです。

↑このページの先頭へ

PR.管理人お勧め英語教材

2.関係代名詞の格

関係代名詞は、形容詞節をつくり、名詞を修飾します。そして、その文中の働きによって、3つの種類に分かれます。

これらの詳細は、それぞれの専用のページで詳しく解説しています。

↑このページの先頭へ

3.先行詞

関係代名詞は形容詞節をつくります。そして、その形容詞節が名詞を修飾します。この修飾される名詞を先行詞といいます。

↑このページの先頭へ

4.関係代名詞の種類

先行詞主格所有格目的格
whowhosewho (whom)
人以外whichwhosewhich
どちらでもthat-that

関係代名詞は2つの条件で決定されます。

  1. 先行詞が人か人以外か
  2. 関係代名詞がどんな格なのか

この2つの条件で使用する関係代名詞が決まります。上の表をご覧下さい。例えば先行詞が人で主格なら who を使います。まずはこの表を暗記して下さい。

また、人の目的格は who と whom のどちらでも構いません。ただ、目的格は省略できるので、who も whom も無い場合が多いです。もちろん、目的格ならば、which, that も省略可能です。

 

 

 

広告

↑このページの先頭へ

メインメニュー
 
ホーム
英文法
例文
口語表現
資格
留学
勉強法
印刷ファイル
 
 
 
携帯電話専用サイトモバイルで英文法もご利用下さい。
携帯用QRコード






広告

ちょいデブ親父の英文法はリンクフリーです。自由にリンクして下さい。
相互リンク依頼は問い合わせからお願いします。
このサイトは Internet Explorer 5.5以上 画面サイズ:1024×768 文字サイズ:中 で最適化されております。
累計:  本日のお客様:  昨日のお客様:  開設日:2006 05/28
ホームへ 問い合わせ サイトポリシー 失敗談を募集しています リンク・相互リンク 管理人の紹介 サイトマップ
ちょいデブ親父の英文法 バナー Copyright (C) All Rights Reserved, ちょいデブ親父の英文法