ホームへ 問い合わせ サイトポリシー 失敗談を募集しています リンク・相互リンク 管理人の紹介 サイトマップ
ちょいデブ親父の英文法 英文法をわかりやすく解説しています。学校・検定・英会話の英文法はここで解決!

形容詞

目次

1.形容詞の用法

1 限定用法

2 叙述用法(じょじゅつようほう)

2.数量形容詞

1 many, a few

2 much, a little

3 a lot of

4 可算名詞と不可算名詞について


1.形容詞の用法

形容詞とは名詞を修飾したり補語になったりする語のことです。そして、形容詞には大きく分けて2つの用法があります。

1 限定用法

限定用法とは、名詞を修飾する用法のことです。限定用法で使われる場合、次の2つの形があります。

○ 形容詞+名詞

この形は日本語と同じ語順なので、すんなり頭に入ってくるのではないでしょうか。

例文:

This is a beautiful lake.

(これは美しい湖です。)

He has a small bag.

(彼は小さいかばんを持っています。)

They sell old books.

(彼らは古い本を売ります。)

○ 代名詞+形容詞

この形は -thing, -one, -body などの代名詞で使われる形です。形容詞が日本語とは逆の位置にきますので、慣れるまで非常にややこしい用法です。それゆえ、テスト等では頻繁に出題されます。

例文:

I want something cold to drink.

(私は何か冷たいものが飲みたいです。)

We saw someone strange at the station.

(私は駅で誰か怪しい人を見ました。)

不定詞の形容詞的用法でも -thing を扱っています。ぜひ参考にして下さい。

↑このページの先頭へ

2 叙述用法(じょじゅつようほう)

叙述用法とは、補語になる用法のことです。名詞・代名詞・形容詞が補語になることができますが、形容詞が補語になる場合は、この叙述用法の時です。

補語(C)が使われる文型は第2文型(S + V + C)と第5文型(S + V + O + C)の2つですが、この C に形容詞が使われます。

第2文型(S + V + C)

「S + V + C」の第2文型で形容詞が使われる形です。第2文型は「S = C」になるのが特徴ですが、この C に形容詞がきます。

例文:

That building is tall.

    S     V  C

(あのビルは高いです。)

This book is interesting.

  S     V    C

(この本はおもしろいです。)

これらは共に「S + V + C」の第2文型の文で、「C」に形容詞が使われて「S = C」になっています。

第5文型(S + V + O + C)

「S + V + O + C」の第5文型で形容詞が使われる形です。第5文型は「O = C」になるのが特徴ですが、この C に形容詞がきます。

例文:

He keeps the room warm.

S   V     O     C

(彼は部屋を暖かいまま保っています。)

I found the book interesting.

S  V    O      C

(その本は読んでみるとおもしろかった。)

これらは共に「S + V + O + C 」の第5文型の文で、「C」に形容詞が使われて「O = C」になっています。また、この find を使う文は it を使う文に書き換えられます。詳しくは不定詞の構文をご覧下さい。

↑このページの先頭へ

PR.管理人お勧め英語教材

2.数量形容詞

数量形容詞とは、数や量を表す形容詞のことです。試験ではもちろん、日常生活でもよく使う表現なので、必ず覚えるようにして下さい。

1 many, a few

この2つの形容詞は可算名詞(数えられる名詞)につきます。直後の名詞は複数形にして下さい。

例文:

There are many pencils on the desk.

(机の上に多くの鉛筆があります。)

He has a few books.

(彼は2、3冊の本を持っています。)

2 much, a little

この2つの形容詞は不可算名詞(数えられない名詞)につきます。直後の名詞は単数形です。

例文:

She has much money.

(彼女はたくさんのお金を持っています。)

We had a little rain this summer.

(今年の夏は少しの雨しか降りませんでした。)

↑このページの先頭へ

3 a lot of

この形容詞は可算名詞不可算名詞の両方につきます。直後の名詞が可算名詞の場合は、名詞を複数形にして下さい。

例文:

I have a lot of friends.

(私はたくさんの友達がいます。)

You have a lot of work.

(あなたはたくさんの仕事があります。)

4 可算名詞と不可算名詞について

多くの方が悩んでしまうのが、名詞の可算名詞と不可算名詞の区別です。基本的には、読んで字のごとく「可算名詞」は1つ・2つなどと数えられる名詞のことをいい、「不可算名詞」は1つ・2つでは数えられない名詞のことをいいます。

しかしながら、日本語では普段から1つ・2つと数えているのに、実は英語では数えられない名詞だったということがあります。または、種類の数を強調する場合に複数形になったり(例:fish)する名詞もあり、日本語だけの感覚で覚えてしまうと間違ってしまう場合もあります。

可算名詞と不可算名詞をマスターするためには、普段から辞書で確認して覚えるしかありません。辞書によって違いがあるかもしれませんが、大抵の辞書では可算名詞を「C(countable)」、不可算名詞を「U(uncountable)」と表記しているはずです。地味な作業ですが、コツコツと覚えるようにして下さい。

 

 

 

広告

↑このページの先頭へ

メインメニュー
 
ホーム
英文法
例文
口語表現
資格
留学
勉強法
印刷ファイル
 
 
 
携帯電話専用サイトモバイルで英文法もご利用下さい。
携帯用QRコード






広告

ちょいデブ親父の英文法はリンクフリーです。自由にリンクして下さい。
相互リンク依頼は問い合わせからお願いします。
このサイトは Internet Explorer 5.5以上 画面サイズ:1024×768 文字サイズ:中 で最適化されております。
累計:  本日のお客様:  昨日のお客様:  開設日:2006 05/28
ホームへ 問い合わせ サイトポリシー 失敗談を募集しています リンク・相互リンク 管理人の紹介 サイトマップ
ちょいデブ親父の英文法 バナー Copyright (C) All Rights Reserved, ちょいデブ親父の英文法