現在進行形を使う未来形

1.近い未来?

現在進行形が未来を表すことは中学校で習います。その際、「近い未来」に限って使われると学んだのではないでしょうか?

しかし実際には、「近い未来」といったルールではなく、他のルールが存在します。よって、その正しいルールに沿っていれば、近くても遠くても未来を表すことができます

その正しいルールとは、準備の調った予定のことです。

2.準備万全の予定

例文1

I’m buying a new PC.

(新しいパソコンを買う予定です。)

現在進行形の未来は「準備の整った予定」を表します。そしてその予定は、「近くても遠くても」現在進行形で表すことができます

よってこの文では、パソコンの資金が貯まっており、尚且つ予約までしているかもしれないことが読み取れます。

例文2

I’m going to buy a new PC.

(新しいパソコンを買う予定です。)

例文1を be going to で表しています。文法的には全く問題のない文ですが、現在進行形を使った場合と意味が少し異なります。

be going to のページで考察している通り、be going to も「予定していること」を表します。しかし、現在進行形の文と違い「準備」までは関与していません。

I’m going to buy a new PC.

(新しいパソコンを買う予定です。)

※漠然と予定している

I’m buying a new PC.

(新しいパソコンを買う予定です。)

※パソコンを買う手配が整っている

このように、現在進行形と be going to のそれぞれが表す未来形には、「準備が整っているかどうか」の決定的な違いがあります。

参考・引用・転載書籍

このページの作成にあたり、

「ここがおかしい日本人の英文法」1999

著者 T.D. ミントン

訳者 安武内ひろし

発行者 荒木邦起

印刷所 研究社印刷株式会社

から引用・転載させて頂きました。

スポンサードリンク